忍者ブログ

◆It's small MY world◆

ちっちゃいけど、大事な私の世界。

2018'11.16.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'12.27.Sat

465560609_167.jpg


「子どもを好き」って素直に言えないよね、っていう話を元保育士の人と最近した。

なんていうか・・・
子どもがかわいくて、かわいくて仕方ないかって言ったら全然そんなことない。

とても大切だと思うし、
可能性のかたまりだと思うし、
伝えたいこととかいっぱいあるし・・・

でも、好きなのかというと・・・それはちょっとしっくりこない。

「ブタがいた教室」とかの、子どものドキュメントとか見たら涙止まらないんやけどね。
すごい泣くんやけど。

でも、それは子どもが好きだからではない、と思う。

あと、子どもの笑顔も「かわいいな~」って思うけど、
何か考えてるときの、真剣な顔のほうがずっと好き。見入ってしまう。

なんか、私の子どもへの思いって、よくも悪くも、「好き」って素直にいえるほど、シンプルなものじゃない。
もっと複雑で、ごちゃごちゃしてる。

まだうまくまとまらないけど、何なんやろね、この気持ちって。
PR
2008'10.13.Mon
13日、大好きな研究者のお姉さんと久しぶりに会った。
話をして、飲んで。

14日、おすぎ氏宅で、りんりんと川元さんと5時までトーク。

ものすごく、考えた。久しぶりに考えた。
おもしろかった。満たされてる。

まとまった時間がとれないので、とりあえず 頭の中の言葉達を出しちゃいます。
(後日整理して書こうと思います)

パワーとマネーの配分についての運動にあまり入りたくない、既存の枠組みを「いち抜けた」する、理抄さんの論文を読みたい、オルタナティブ、オルタナティブな場をつくる、教育コミュニティが成功しているのは学校システムの枠を超えた学びがつくられているからではないか、人権教育の今後のためにオルタナティブ教育の認知度を上げたいのかもしれない、それが絶対人権教育のためになると思っている、「対子ども」にまだ自信が持てない。
自分を晒す場の必要性=自分が思考停止しないために批判を受ける場面、教育系の仲間に部落解放運動の話ができていない(古いと思われそうな気がして?)、解放運動の仲間や人権教育をしている先生たちにオルタナティブ教育のことが語れていない(地に足がついてないと思われそうな気がして?)、ほんとは喋りたい、もっとオープンにしたい、自分の中で「風」と「土」を分けちゃってる?、「風」と「土」の反目が私の中にあるのか?
テレビのない生活が必要、考えるということ、対話すること、でも満たされたライフスタイル、多様でいたい、対等でいたい、尊重したい、尊重されたい、それってとても豊か。自立したい<対話したい、ほんとの意味でつながりたい、彼氏=パートナーではない、対等で対話できて、ほんとにつながれる関係性、私は彼と対話がしたい、もっと、ちゃんとパートナーになりたい、今はできてない、中島みゆき「糸」みたいな関係になりたい。

てか眠いス。
今から地元の中学生2人が大学に来たいと言ったので一緒に行きます。
2007'06.14.Thu
やるか、やらないか決めるときの基準をちゃんと持ってないとアカン。

解放運動に関していえば、
「差別をなくすためになるか」
「マイノリティの解放のためになるか」

教育に関していえば、
「それは子どものためになるか」

ですな。
2007'06.13.Wed
人それぞれに現実がある。
教育社会学で出てきた多元的現実ってやつ。
真に相手の立場に立ってものを見る努力をしよう。(それには相手との人間関係が重要)

1.素直に吸収しよう
  判断できるだけのレベルにまだ私は達してない

2.批判をしない
  1と同じ理由。人の行動をよく見て、その人がなぜそうしてるのか。できる限り考える。

3.みんなと仲良くする
  1、2を実行して、その先のステップに進むために、
  既に存在する負の人間関係やら、ややこしいものに巻き込まれないようにする。
  見方してくれる人、仲間を増やす。
2007'05.07.Mon

「いつもトップの視点に立って考えろ」


これ、組織の中で活動するなら意識せなってここのところ思ってきた。

けど、

全然できてなかった。
けっきょくグチや不満になってた。
「おかしい」って思ったことを、「おかしい」って言うたって何も変えられない。

トップの視点に立って考えろというのは、つまりは、
人のせいにしないってことやねんね。

何をするにも、自分で責任をとるっていう覚悟。
自分は下っ端だとか、そういうふうに考えない。
理解してもらえない、説得できないのは、こっちの力不足。

そう考えないと変えられない。



くそう、くやしい。

[1] [2
 HOME : Next »
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/01 むらた]
[07/26 みど]
[07/25 ちゅん]
[04/13 みどり]
[04/11 肝虫]
最新トラックバック
whiter
HN:
たけだみどり
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1985/10/22
自己紹介:
大阪で生まれ育ち、19歳の誕生日にピースボートで地球一周の旅に出る。世界がグンと広がって自分自身のことも見えてきた。
帰国後本業の学生に戻り、たぶん2009年度は教師になると思います。

今やってることは、
「部落解放運動をはじめ、じんけんに関わること」
「COREをはじめ、教育に関わること」

土の人と仲良しでいたい風の人です。

テーマは、
「人権」
「地域」
「オルタナティブな教育」

● やりたいこと ●
マイノリティの子どもたちと、そこに関わる大人たちのために、オルタナティブ教育を広めたい。
教育を通してやさしくて自由なコミュニティをたくさんつくりたい。
が、まずは学校現場に入ります。

● 行ったことのある国 ●
タイ
アメリカ
フィリピン
ベトナム
シンガポール
セイシェル
ケニア
南アフリカ
ナミビア
ブラジル
アルゼンチン
チリ
イースター島
タヒチ
ニュージーランド
オーストラリア
パプアニューギニア
モンゴル

● 行きたい国 ●
フィンランド
デンマーク
インドネシア(バリ島)
キューバ
エジプト
ネパール

● 好きなもの・こと ●
ユニとコスモ(飼ってる猫)
沖縄、星を見ること、紅茶、お味噌汁
旅行、1人で映画、かすうどん
寝ること、日本酒(特に酔鯨)
エスニックテイストの雑貨
マンゴーとかの南国フルーツ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]