忍者ブログ

◆It's small MY world◆

ちっちゃいけど、大事な私の世界。

2017'09.24.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'04.08.Sun
ここのところ、性教育について考える機会が多い。
前から興味もあったし、大事なことやと思ってたけど、最近余計にそう思う。

ひとつは、去年大学の仲間とつくった演劇教育プロジェクト、EECで、エイズピアエデュケーションに取り組んでいる松原高校の「るるくめいと」の出前授業を見学させてもらったこと。
詳しくはコチラ↓
http://eec.seesaa.net/
すごい高校生たちやった。いきいきしててかっこいい子たち。

こないだ、東京からの帰り、バスの中で、友達に借りた本を読んだ。
吉田タカコさんの書いた、「子どもと性被害」。
タカコさんはPeaceBoatに一緒に乗ってたすーさんの紹介で知り合った。
しゃきっとした、おしゃれでかっこいいお姉さんという感じの人。
別に知り合いだからひいきするわけぢゃなく、この本はすごい本やと思った。

あるデータによると、18~39歳のうち、女性の15.6%、男性の5.7%が、
小学校卒業までになんらかの性的被害を受けたと回答している。(加害者は家族に限定されない)
これは女子の6.4人に1人、男子の17.5人に1人という計算になる。
つまり、なんらかの性的被害を受けた子は、クラスに数人は必ずいる。
強姦、強姦未遂を受けた子も学校に数人はいる。驚くべき数字や。

こういう状況で、やっぱりどう考えても性教育は必要やって私は思う。
性教育は現場の努力でだんだん進んできた。
でも最近、バッシングがどんどん強くなってきてる。
東京都をはじめとして、性教育に否定的な動きはどんどん広がっているし、文科省の流れもそう。
いわゆる「寝た子を起こすな」論。
でも、実際子どもは寝てない。
エロ本だとかAVだとか、最近はインターネットでも動画が配信されている中で、
歪んだ性情報によって揺り起こされてる。
そういう情報に染まってしまう前に、正しいことを教えないといけない。
性を「いやらしいもの」「恥ずかしいこと」と思わされることで、被害者が沈黙させられている現実もある。
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
性的虐待に子どもがノーといえるためには、
「性器は清潔にする」といったことだけなく、
「水着で隠れるところ(胸、性器、おしり)はプライベートゾーンと
呼ばれる大切な場所で、誰も触ったりみたりできない。
もしそのようなことをされたら、相手が誰でもいやだといっていいのだ」と、
具体的に教える必要があるのだ。(本より引用)
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

それに、セックスについて教えることだけが性教育やとは思わない。
私は一番教えなあかんのは、人間関係のつくり方やと思う。
AVとかって、どうもレイプものとか、人間をモノ扱いしてるものが多すぎると思う。
児童ポルノにしてもそう。規制が必要なのはもちろんやけど、
「これは作られたもので、本当はちがうねんで」ってことを、絶対教えなあかん。
じゃないと、暴力で人を支配しようとする大人がたくさん育ってしまう。

人と、対等にパートナーシップをどう結んでいったらいいのかってこととか、
自分と相手の心と身体を大事にするってどういうことなのかとか、
そういう視点での、人権教育としての性教育が本当に大切やと思う。
 
CAPとか、実際に活動してるところを見に行きたいな。
http://www.cap-j.net/
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[40] [39] [38] [37] [36] [35] [33] [30] [28] [27] [26
«  BackHOME : Next »
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/01 むらた]
[07/26 みど]
[07/25 ちゅん]
[04/13 みどり]
[04/11 肝虫]
最新トラックバック
whiter
HN:
たけだみどり
年齢:
31
性別:
女性
誕生日:
1985/10/22
自己紹介:
大阪で生まれ育ち、19歳の誕生日にピースボートで地球一周の旅に出る。世界がグンと広がって自分自身のことも見えてきた。
帰国後本業の学生に戻り、たぶん2009年度は教師になると思います。

今やってることは、
「部落解放運動をはじめ、じんけんに関わること」
「COREをはじめ、教育に関わること」

土の人と仲良しでいたい風の人です。

テーマは、
「人権」
「地域」
「オルタナティブな教育」

● やりたいこと ●
マイノリティの子どもたちと、そこに関わる大人たちのために、オルタナティブ教育を広めたい。
教育を通してやさしくて自由なコミュニティをたくさんつくりたい。
が、まずは学校現場に入ります。

● 行ったことのある国 ●
タイ
アメリカ
フィリピン
ベトナム
シンガポール
セイシェル
ケニア
南アフリカ
ナミビア
ブラジル
アルゼンチン
チリ
イースター島
タヒチ
ニュージーランド
オーストラリア
パプアニューギニア
モンゴル

● 行きたい国 ●
フィンランド
デンマーク
インドネシア(バリ島)
キューバ
エジプト
ネパール

● 好きなもの・こと ●
ユニとコスモ(飼ってる猫)
沖縄、星を見ること、紅茶、お味噌汁
旅行、1人で映画、かすうどん
寝ること、日本酒(特に酔鯨)
エスニックテイストの雑貨
マンゴーとかの南国フルーツ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]